​素材

​健康に配慮した自然素材

無垢材は木の持つ色合いや、質感が種類によって様々で夏涼しく、冬暖かいのも特徴です。 材質によっては堅い「カリン」や、やわらかいものでは、主に杉などがあり、防水性では「ヒノキ」、「ヒバ」などを使用します。

※材木は用途、予算などのお客様の条件に合ったものを使用しますのでご相談ください。
他の材木も対応可能です。

1/4

※ここで紹介しているのは一部の例です。詳しくはお問合せ下さい。

土台

ヒバ、ヒノキ、ツガ、栗など

家を支える大事な土台に使われる木材の種類は限られます。ヒバなどは虫を寄せにくくするヒノキチオールという成分も含まれていることから選ばれる方もいらっしゃいます。土台から無垢材を使用した家の提案は、無垢の木材におこる反りや収縮などに強い素材、または対策を施してあるかどうか業者との相談が大事です。

スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、ツガ、ヒバ、レッドシダー など

家を支える大事な土台に使われる木材の種類は限られます。ヒバなどは虫を寄せにくくするヒノキチオールという成分も含まれていることから選ばれる方もいらっしゃいます。土台から無垢材を使用した家の提案は、無垢の木材におこる反りや収縮などに強い素材、または対策を施してあるかどうか業者との相談が大事で す。

スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、ヒバ、パイン など

床や屋根などの荷重を柱に伝える部材であり、柱とともに重要な部分です。最近、吹き抜けのある注文住宅が増えていますが、天井部分に迫力のある梁を設置するなど、室内のデザイン性を考慮しつつ素材選びをすることが大事です。

スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、ツガ、ヒバ、パイン、ナラ、栗、チーク、レッドシダーなど

フローリングに無垢材を使用する場合は、肌触りや見た目の好みなどで木材の選び方が変わってきます。よく選ばれているのが柔らかく肌触りの良い杉やヒノキ、パイン材。硬めで傷のつきにくさを考えるなら、オークやチーク材もおすすめです。

珪藻土、漆喰(しっくい)、聚楽壁(じゅらくかべ)、タイル壁、和紙など

室内における壁の面積は広いため使用する材料によりイメージがガラリと変わります。自然素材の中でもマットでザラッとした質感が素敵な珪藻土、フラットで ツルツルな表面に仕上げられる漆喰(しっくい)は特に人気です。湿度調節効果の高いもの(和紙、珪藻土)手入れが楽なもの(タイル壁)など、機能面で選ぶ方もいらっしゃいます。

© 2020  著作権表示 - 齋藤建築設計で作成されたホームページです